個人のお金の貸し借りはトラブルの元

お金に困った時、真っ先に友人や親せきにお金を貸してくれという方がいます。確かに、身近な人間からお金を借りることができれば、消費者金融や銀行などからお金を借りるのと比べて利息も発生しませんし、煩雑な手続きも必要ありませんのでとても簡単です。

しかし、ある意味この方法でお金を借りるのは、とても危険な方法でもあります。というのは、友人や親せきからお金を借りる場合、そのお金の貸し借りは信用で成り立っています。

ですから、万が一返済期限を守れなかったりした場合には、その信用が一気に崩れてしまうのです。それまで良好だった交流関係も、お金の貸し借りで簡単に崩れてしまうのが現実です。友人や親せきからお金を借りる際には、絶対に決めた期限に返済するようにしましょう。

友人にお金を貸す場合は返ってこないつもりで貸す

もし、自分が友人からお金を貸してほしいと言われた場合、貸すか貸さないかは本人の自由です。しかし、お金のトラブルになって友人関係を壊したくなければ、お金は貸さない方が良いでしょう。

どうしても貸すという場合には、そのお金は貸すのではなくあげるくらいの気持ちで渡すのです。そうすれば、万が一返ってこなかったとしてもそれほど気になりませんし、逆にもし返ってくればラッキーくらいに考えておいた方が、大切な友人関係をお金のトラブルで台無しにしてしまう事も避ける事ができます。

サイトMENU

当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします