総合支援金貸し付け制度

総合支援金貸し付け制度は、失業してしまって収入がなくなった際に利用できる制度です。失業保険にやや似た性質を持っている総合支援金貸し付け制度は、失業して生活費の捻出が困難になっていたりした場合に利用するもので、当然ですが次の仕事を見つけて自立する意思のある方にのみ利用できる制度です。

総合支援金貸し付け制度の貸し付けでは生活費の支援、一時生活再建費など必要に応じて内容が異なり、例えば生活費の支援目的だと単身者なら毎月いくら、2人ならいくらといったように基準が決められています。また、返済期間が長く設けられているので、消費者金融のように返済が苦しいということはあまりないでしょう。

母子福祉資金貸付

母子福祉資金貸付は母子家庭や父子家庭に対して貸し付けを行っている制度です。母子家庭や父子家庭で経済的に厳しいという場合に申請を行ってお金を借りることができます。ただし、母子福祉資金貸付は子供が未成年であることが条件となっているほか、手続きに多少時間がかかるので、利用する際には早めに相談を行うのが良いでしょう。

年金担保貸付

年金担保貸付は、国民年金または厚生年金を受給している方が利用できる制度です。なんらかの理由でお金が必要となった場合に、今後もらう予定の年金を先払いしてもらうことができます。借りることができる金額は最大200万円までとなっており、借りられる金額は年金の受給額の0.8倍までとなっています。

サイトMENU

当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします