大きな借り入れができる不動産担保ローン

不動産担保ローンは、土地や建物などの不動産を担保にすることでお金を借り入れるサービスの事です。現在は無担保で利用できる消費者金融やカードローンも多数ありますが、あえて不動産担保ローンを選ぶメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、大きな特徴は借り入れできる金額です。消費者金融などでははじめは10万円から50万円程度が借り入れの上限金額となり、その後は徐々に限度額が引き上げられますが、総量規制によって借り入れ限度額は年収の1/3までとなっています。一方不動産担保ローンはというと、不動産を担保にすることによって消費者金融よりも大きな金額の借り入れが行えます。しかも、消費者金融よりも低金利での借り入れが可能となるのです。

なぜ不動産担保ローンにこのようなメリットがあるかというと、消費者金融や銀行カードローンは基本的に無担保で保証人なしとなるので、お金を貸す際には契約者の信用のみでお金を貸していることになります。ですが不動産担保ローンは不動産を担保にしていますので、万が一返済が滞った場合には、担保で補てんができます。そういった事情から、不動産担保ローンはいきなりでも高額な借り入れができて、なおかつ低金利となるのです。

ただし不動産担保ローンは消費者金融や銀行カードローンと比べて手続きに時間がかかったり、手数料などの諸費用が掛かるというデメリットもあります。

サイトMENU

当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします