カードローンと一言にいっても実はいくつかの種類があり、日本国内では、現在カードローンは8種類に分類することができます。ではカードローンとはどんな種類があり、どんな違いがあるのでしょうか。

カードローンの種類について

ひとつめは銀行系のカードローンです。これは一般的であり、多くの人が利用していて、信頼性も高いカードローンと言えるでしょう。銀行からお金を借りている、ということはそこまで大きなデメリットでもありません。審査は若干厳しいですが、金利は安く、安心して借りることができます。

続いて地方銀行のカードローンです。

こちらは大手の銀行ではなく、地方に限定したカードローンです。全国展開のカードローンよりも若干審査が通りやすく、貸付条件も良いというメリットがあります。

三つ目はネット銀行系のカードローンです。

ネット銀行は使い勝手が良いので若い人を中心人気が高まっています。ネット銀行系も良い条件で借りることができますし、ネット上での手続きなので利用がしやすいはずです。

続いて流通系銀行のカードローンです。

こちらはコンビニやショッピングセンターのカードローンです。身近にATMがあるので利用しやすい、その反面ついつい借りすぎてしまうというデメリットがあるので注意をしましょう。身近にATMが多いと、ついつい口座からお金を引き出す感覚でカードローンの利用をしてしまう人がいます。

信託銀行系は、信託を専門とした銀行のカードローンです。資産運用や不動産についての専門家ではありますが、カードローンも行っています。

こちらは投資や資産運用を中心に行っているため、大きなお金を動かすときに便利です。特に住宅ローンなどの高額なローンの利用のときには信頼のできるカードローンでしょう。

信用金庫は銀行と似ていますが、株主に利益を配当する形で運営をしている銀行です。低金利での貸付が可能ですが、条件が厳しいため借りられる人は限られてきます。

クレジットカードのカードローンは、クレジットカードを発行すれば使うことが出来るローンです。

ポイントキャッシュバックなどのキャンペーンなども充実していますが、銀行に比べると若干利息が高く、審査もそこまで甘くはありません。

最後に消費者金融系のカードローンです。

消費者金融というと不安に感じるかもしれませんが、気軽に借りやすい、審査が甘い、審査スピードが速い、即日融資というメリットがあります。ただし銀行系のカードローンに比べると大幅に利息が高いので注意をしてください。

※参考:即日融資Quick(https://xn--quick-k97hy51inj0dc3j.net/

サイトMENU

当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします